ドラマ「ドラゴン青年団」。キャッチコピーは、『オレたちが「光の戦士」!?いったん整理させて。』。
東京から少し離れた富士山のふもとにある地方都市・光山町を舞台に東京に出現したドラゴンを退治する青年たちの姿をゆるく描いた地域密着型冒険ファンタジーである。
東京の上空に突如ドラゴンが出現し、大騒ぎになる。その頃、光山町では幼馴染みのヨシオ・ケンジ・タモツがヨーコの働く喫茶店チロルで他人事のようにドラゴン出現をテレビで見ていた。
しかし、ヨシオが古本屋で手に入れた謎の巻物にかつて闇の世界から現れたドラゴンを倒し世界を救った光の戦士の存在が記載されていた。さらに巻物に描かれた紋章と同じアザが4人の体にあり、彼らが光の戦士であることが判明する。光山町の至る所に証拠や龍にまつわるシンボルがあった。銭湯の壁画に描かれた地図を手がかりに4つのクリスタルを手に入れる。だが、紋章型のアザは、この町のほとんどの人があり、ヨシオは引っ越してきたため幼少期に転んで出来たアザだと気付いた。ドラゴン退治で町おこしをするために『ドラゴン青年団』を結成する。そして、町の人たちとドラゴンを退治した。だが、今度は謎の飛行物体が東京に出現し、謎の石をヨシオが手に入れ、謎の石からホログラムで姫が出現し、銀河帝国は敵で銀河の運命はヨシオたちに懸かっているといい、物語が終わる。

This post has no comments. Be the first to leave one!

Join the discussion

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です